コーヒー豆の流通革命の歴史

ある商社の生豆担当の若者 (故人) が、横浜にあるステーキ店ハングリータイガーで色々の生肉を、お客様の目の前でお好みのグラムをお好みに焼あげた 美味しいステーキを食べながら、コーヒーも美味しく提供出来ないか考えたのが、このシステム販売のルーツであり30年前の話であります。

当時のコーヒー流通は、大手焙煎業者が大きな焙煎機で焼きあげ供給していた 時代で、焼き豆販売から生豆販売の流通革命をスタートさせたシステム販売 コーヒー業界に大きな衝撃を与えた生豆販売からの元祖がでもあります。

一号店は東横線武蔵小杉駅前 (駅拡張で現在店に移転) に5坪の店舗から スタートして現在に至っています。

豆工房コーヒーロースト・グループ (平成22年12月現在80店舗) を応援して30年 世界のコーヒー生豆を紹介し お客様のお好みに目の前で焙煎 焼きたて・新鮮・美味しさ・違いの解る珈琲専門店 珈琲を愛する多くの珈琲党をサポート致しております。